思い出をシーン別に!実際にアルバムを作ってみましょう!

やっぱり本だと見やすい

インターネット上でフォトアルバムを作るサービスも充実していますが、いつでも気軽に手に取れるのは、やっぱり本の形をしたアルバムではないでしょうか。
アナログの良い点は、小さなお子さんでもお年寄りでもカンタンに見ることができる、という点ですよね。スマホやパソコンを使わなくても、見ることができます。
また、かわいいシールやマスキングテープなどを工夫することで、オリジナルのアルバムを作ることもできます。たとえば旅行であれば、チケットやパンフレットなども一緒にアルバムに貼って保存しておくこともできますから、思い出がさらによみがえりやすくなることでしょう。
実際に手に取ることのできる「モノ」感は、ネット時代の今だからこそ、貴重かもしれません。

お勧めは1イベント1アルバム

スマホやデジカメで撮影した写真は、イベントのあとにそのまま写真屋さんに持っていきましょう。もちろん、ネットサービスを利用してもオッケーです。それを1冊の本仕立てにしてもらいます。この時点でタイトルを入れることもできますよ。出来上がったら取りに行くか、自宅に届けてもらいます。完成まではおよそ1週間。ドキドキして待つのも楽しさの1つですよね。
届いたら、さっそくシールやペンでデコレーションしちゃいましょう。タイトルがない場合は、ここでラベルを貼るとよいでしょう。イベントを思い出しながら、写真に写っていないこともどんどんコメントを入れておくと、後々に「そういえば、こうだったね」なんて思い出がよみがえりやすくなりますよ。